FC2ブログ

無の操体

奈良操体の会のブログです。痛みなどの不快な症状は、実は体をちょこっと動かすだけで消すことができます。この一人操体法を身につけて、日常生活にとりいれると、「快」の極楽世界が待っています。

介護操体 ⑥(外の自然の訪問客 : つくしの鉢植え)


歳をとったり病気をしたりして寝込むと、
外の世界との接触は、
訪ねて来てくださる人や
持って来てくださる物に限られてしまう。

それが自然との接触となると、
窓から見える世界だけになってしまう。

自然との接触の好きな人は、
道端の雑草の花を見ても感動する。


今日お昼からの予約患者さんが、
少し遅れて見えられた。

“つくし”と“すぎな”を手に持って、
急いで入ってこられた。

「先生、これをお母さんの見えるところに置いてあげて!」と。


少し大きめの植木鉢を用意し、
畑の土を入れて急いで植え込んだ。

そしてその方を母の部屋に案内し、
直接母に渡してくださいとお願いした。

それを受け取った母は、
「ワーッ! つくし!」と声を詰まらせた。

母の部屋に持ち込んで下さった“外の自然”。
今、母のベッドサイドの机の上にも、
ささやかながら春が来た。

元気な人には何気なく見過ごしていた自然だが、
母にとって大きな感動を与えてくれた。

目と耳と心に入ってきた“快いエネルギー”は、
母を少しだが生き生きとさせてくれた。

“いのちとの快い関わり”全てが、
操体なのだと改めて確認させていただいた。
スポンサーサイト



テーマ:心と幸せ - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narasoutai.blog52.fc2.com/tb.php/117-05406b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)