FC2ブログ

無の操体

奈良操体の会のブログです。痛みなどの不快な症状は、実は体をちょこっと動かすだけで消すことができます。この一人操体法を身につけて、日常生活にとりいれると、「快」の極楽世界が待っています。

入院しながら操体したら、ものすごく楽だったよ!

 昨日患者さんから電話があった。
「今日退院してきました。
言われた様に病院のベッドの上で、
しょっちゅう操体法をしていました。
 他の入院患者さんたちは、
しばらく寝ているものだから、
あっちが痛い、こっちが痛い、
と困っておられましたが、
変だなぁと感じたら、
大きなため息をつきながら、
少しでも気持ちよくなる方を動いて見つけ、
上手に身もだえをしていましたから、
本当につらいことは全然ありませんでした。」と。

 そして「他の患者さんや、
看護婦さんたちに教えてあげても、
ハハハハッと笑っておられるだけで、
実際にやってみようとされませんでした」と
言われました。


 この方も、
結構古いお付き合いをしている方ですが、
今回検査入院してみて、
じっと寝ているのがつらくて、
サテ、さてどうすればよいかと
“問題意識”を持つことができたおかげで、
操体法の素晴らしさを、
“身をもって知る”ことができたと思います。

 橋本敬三師は、
何かにつけて“ウソか ホントか やってみな!”と
よく言われました。

 “頭で分かっていた”つもりの物事が、
身をもって気づいてこそ“解かる”と
言えるのではないでしょうか。

 操体法の普及には、
これらの事実を伝える手段として、
次の二つが大切だと思います。
◆目にモノ見せること
◆実際に動いていただき、身をもって知っていただくこと

 これらの事実を伝えるということにおいて、
“身をもって知っていただく”ことが
最終目標だとすれば、
実際に改善する様を見ていただき、
“目にモノ見せる”ことは、
その入り口に過ぎません。

 本に書きあらわすことや、
このように言葉として表現することは、
その“入り口の入り口”に過ぎません。

 でも、
この小さな入り口がなければ、
大きな道へはたどり着けないかもしれません。

 文章はうまくはないけど、
やっぱりかけるだけ書かせていただきますか・・・

 お付き合い下さいね!
できれば、
本音のご意見やご質問が有ると嬉しいなぁ!  合掌
スポンサーサイト



テーマ:人生のコツ, 生き方のコツ - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narasoutai.blog52.fc2.com/tb.php/137-cbf64f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)