無の操体

奈良操体の会のブログです。痛みなどの不快な症状は、実は体をちょこっと動かすだけで消すことができます。この一人操体法を身につけて、日常生活にとりいれると、「快」の極楽世界が待っています。

Q&A 操体法にもいろいろな流派があるのですか?

 操体法の提唱者である橋本敬三師が、
日常使っておられた診療室を「温古堂診療室」と言います。
 そこには毎日と言っていいほど、
全国からいろいろな見学者が訪れていました。
 橋本先生は、その見学者たちを快く受け入れておられました。

 ある時、そこで橋本先生が治療としての操体をしておられる姿を見て
“橋本式操体法は、素晴らしいですね! ”言われた方がおられました。

 すると、すかさず橋本先生は、
“天然自然の法則に、橋本式なんてものはねぇんだよ! ”と、
優しく諭されました。

 橋本先生の一言は、今も私のこころの中で生きつづけています。

 そのことが肝に銘じて入っておれば、
いろいろな流派なんてものは生じてこないのではないでしょうか?

 仮に、流派の様なものが生じたとしても、
それはそれで現場における人間の姿として受け取っておられ、
“なぜそのような言動をするのか? ”と、咎めることはされず、
“自分の考えを押し付ける”と言うような事はされませんでした。


 橋本先生は『からだの設計にミスはない』という本を出しておられますが、
人間の想いや行いにはミスはあるけれど、
私たちのからだは“自然法則のもとに設計されていてミスはない! ”
と言っておられるのでは無いでしょうか?

 そこのところが押さえられてさえいれば、
自己主張をすると言うような“分派活動”的な言動はできないのでは無いでしょうか?
 これとは逆の活動として“統合させようとする活動”も、
一見正当性があるようですが“考えを押し付ける”と言うことにおいては、
全く同類の行いであると私は観ます。

 それらのことを踏まえて、
操体法とは、「人が身につける“方法”」として理解するよりも、
元々、今生きているすべての「人の身に備え持っている“法則”」として理解し、
誰もが自由自在に活用できるようになることが
大切なのではないでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narasoutai.blog52.fc2.com/tb.php/307-e0ad4f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad