FC2ブログ

無の操体

奈良操体の会のブログです。痛みなどの不快な症状は、実は体をちょこっと動かすだけで消すことができます。この一人操体法を身につけて、日常生活にとりいれると、「快」の極楽世界が待っています。

第457回公開講座 「痛みがぬける ゆるやか操体法」

■「公開講座」■
【日時】 平成30年8月19日(日)  1:00~4:00 
【会場】 奈良市中部公民館 4階 第3講座室
【講師】 北村翰男
【参加費】 500円
【対象】 どなたでも、自由に、参加していただけます。

【主題】 直すのは“自分の動き”
      治すのは“自分のからだ”

 【目的】 ここにお集まりの人を見ても、いろいろな人がおられ、
       いろいろな症状をお持ちだという現状を知っていただきたい。
       私たち人間は、それぞれに現れた〔症状の違い〕が気になり、
       その違いを分類・分析し、「病気」の診断・治療を専門家に託す道を通ることが多いのではないか?
       しかし、そのいろいろな“違い”から目を移して〔からだの声〕に耳を傾けると、
       すべての人の“からだ”が〔今の状態の適否〕を、
       個々の“からだの感覚”を介して発信してくれているという事に気づける様になる。
       いろいろな人たちと一緒に、〔からだを動かしてみる〕ということで、
       〔誰が動かす?→からだが動くと?→一緒に症状も動く?→その動きの当事者は誰?〕
       このように「常の動いてくれている“からださんの声”」に耳を傾ける“日常の対応”と、
       元気を損ねて病気になってしまった状態で“お医者さんの声”を聴くという“非常事態の対応”を使い分け方を、
       学んでいただきたい。
【内容】 ◇操体法の基礎を学習し、
      実際の実技を実習



■「研究会」■
【日時】 平成30年8月19(日)  4:30~7:30
【会場】 奈良市中部公民館 4階 第3講座室
【参加費】 公開講座参加者は無料(他は500円)  
【対象】 どなたでも、自由に、参加していただけます。

【主題】 “からださんの声”と“お医者さんの声” 
       それらの声の聴き取り方と活かし方 

【目的】 いろいろな疑問や意見があることを知り、
     広い心で受け止めて、
     みんなで語り合い、
     〔今、この自分に快く合う物事〕の選択が、
     臨機応変にできるようになることを目的としています。
【対象】 どなたでも、自由に、参加していただけます。
【内容】 疑問や問題や話題を持ち寄り探求しましょう!
 ◆疑問や質問をお持ちより下さい。
 ◆耳寄りな情報(面白かった本・文献・番組)もお持ちより下さい。
 ◆体験談(失敗・成功・難治の症例)もお持ちより下さい。


 ★ご参加下さる方々のご要望にお応えしたいと思っています。
   忌憚のない声を、ぜひお聞かせいただけると、本当にうれしいです。
 ★みんなで、みんながよりよくなれる様に、交流を深めてゆきましょう! 合掌
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narasoutai.blog52.fc2.com/tb.php/311-5e6ed235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad