FC2ブログ

無の操体

奈良操体の会のブログです。痛みなどの不快な症状は、実は体をちょこっと動かすだけで消すことができます。この一人操体法を身につけて、日常生活にとりいれると、「快」の極楽世界が待っています。

23年 がんと共に生きた「母と家族の絵手紙展」~タヌキに化けた母~

23年 がんと共に生きた
  「母と家族の絵手紙展」~タヌキに化けた母~


昨日(10月20日)、
友人の大八木紘子さんのお母様を偲ぶ、
上記催しに行かせて頂いた。

絵手紙をなさっていたお母様が、
お姉様などにあてた絵手紙が展示されていた。

23年間もがんと共に生き、
本当にいろいろな体験をされ、
その体験の中で思い浮かんできた言葉を絵手紙に託し、
迷える所を迷える様に・・・
気を取り直したところは取り直したように・・・
そして得られた確信は、
厳とした確信を持って端的に見事に表現しておられる。

残念ながら、
この絵手紙展は今日が最終日である。
お時間のある方は、
一見しておく価値は十分にあると思いますので、
ぜひご覧になってください。

昨日拝見してみて思った事は、
例えがんであっても、
このように見事な生き方をされた方がおられるという事は、
がんになっておられる方々に対しても、
その看病にはだれる方々に対しても、
幸いなことに、何事もなく過ごしておられる方々に対しても、
きっと「人としての生き方」として気づかせて頂けることが
多々あることと存じます。

この「母と家族の絵手紙展」は本日最終日ですが、
ここで打ち出されたメッセージは、
これからが始まりだと言う感を、
強く感じました。

大八木さん達にとっても、
そこに関わられた方々にとっても、
今後の良き展開を祈念しています。 合掌


※会場は下記に
 ◇真宗仏光寺派 大善院「おてらハウス」 075-351―4883
 ◇10月21日(日)  11:00~17:00
◇無料
 ◇交通 京都駅→地下鉄四条駅下車(最後尾)→ 5番出口から左方→仏光寺通り
     →本山仏光寺沿いに歩き、 2つ目の角を右折→ 1つ目の角を左折
     →突き当たりの右手前
    ※地下鉄「四条駅」より徒歩10分位
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narasoutai.blog52.fc2.com/tb.php/316-db1533e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad