fc2ブログ

無の操体

奈良操体の会のブログです。痛みなどの不快な症状は、実は体をちょこっと動かすだけで消すことができます。この一人操体法を身につけて、日常生活にとりいれると、「快」の極楽世界が待っています。

操体法 第490回公開講座 『痛みがぬける ゆるやか操体法』

■「公開講座」■
【日時】 】 令和3年12月21(日)  1:00~4:00

【会場】 奈良市中部公民館 3階 視聴覚室

【講師】 北村翰男

【参加費】 500円

【対象】 どなたでも、自由に、参加していただけます。
     ★腰痛・肩こり・関節痛・筋肉痛・・・自分でも、何とかしたいとお考えの人
     ★日常生活での「日常点検」と「自己調整」を身につけたいとお考えの人

【主題】 直すのは“自分の動き” 治.るのは“自分のからだの働き”

     ★操体法の提唱者橋本敬三師の著書に
      『からだの設計にミスはない』があります。
      このことは、裏を返せば“ミスしているのは、あなたご自身じゃないですか?”

     ★現在、治療を受けていようがいまいが、
      “自分に直せることがある”のに、
      その領域が専門家任せになっていて、
      ほとんど手付かずの状態であるのは、あまりにももったいない! ! !

【内容】 ★まずは、ジッと静止状態で、自分のからだを観察してみましょう!
       ☆小さな痛みは“問題無し”、苦痛を感じれば“問題有り”としていませんでしたか?
       ☆従来は、痛み等を感じる“部位に問題がある”と観ていませんでしたか?

      ★次いで、自分がユックリとからだを動かしてみて、自分が注意深く観察してみる
       ☆“感じた部位”だけの問題で無く、“動かす力”も関与している?
       ☆いろいろ症状が、いろいろな処に、いろいろな現れ方・増え方をする人が居られる
       ☆いろいろ症状が、いろいろな処に、いろいろな減り方・消え方をする人も居られる

      ★さてあなたは、【からだを動かす】に当り、どっちへ向けて動かれますか?
       ☆症状が現れたり増えたりする方向?
       ☆症状が減ったり消えたりする方向?

      ★仮に入院中であっても、専門家にしてもらう【治療】と共に、
       自分自身が日常的に行う【体調を整える】のに行う四つの課題
       〔息・食・動・想〕を忘れたり、疎かにしては、望む回復は望めません。
      ☆自分のからだを、自分が動かしてみましょう!
      ☆からだの反応を読み取る練習をしましょう!
      ☆からだの反応に合わせる動きを練習しましょう!


■操体法の基礎を学習し、実際の動き方を実習■

    ◇難しくはありません!
     信じられない位、簡単です!
     犬や猫や小鳥たちも、そして赤ちゃんも目覚めた時に
     ウーンと伸びをしているでしょう!
     その時しているのは「痛みや突っ張りが現れたり、増える方」へ動いている?
     それとも「痛みや突っ張りが減ったり、消えたりする方」へ動いている?
     簡単だけれど、実に奥が深いです。
     ですから、私自身も、一緒に学ばせて戴きたいと想っています。

    ◇どうぞ、気楽にお越しください!
     何でも、想い通りに治るわけではありませんが、
     みんなの目の前で“驚くほど改善”される方がおられたり、
     やってみないと分からない事も多々あります。
     興味がおアリなら、是非もぞいてみて下さい。
     お会いできるのを楽しみに、お待ちしています。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narasoutai.blog52.fc2.com/tb.php/368-4c51e9f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)