fc2ブログ

無の操体

奈良操体の会のブログです。痛みなどの不快な症状は、実は体をちょこっと動かすだけで消すことができます。この一人操体法を身につけて、日常生活にとりいれると、「快」の極楽世界が待っています。

操体法 第511回公開講座 『痛みがぬける ゆるやか操体法』

見方を変える ➡ 見え方が変わる ➡ 直し方も変わる             
~操体法 第511回公開講座~

#操体法 #動診 #快・不快 #からだの感じ #異常感覚 #原始感覚 #原始信号 #いのち #元気 
#症状 #腰痛 #肩こり #日常点検 #自己管理 #自然治癒力 #回復 #自律的生き方 #直し方 #動き方 #治し方 #東洋医学
#生命現象 #バランス現象 #バランス感覚 #生き方 #治療法 #セルフケア #セルフメディケーション #セルフケア #問題意識 #看病 #介護

■日時 : 令和5年9月17日(日)
□公開講座  1:00~3:30

◆前半  (動かしてみて、“からださん”の声を聴き出す練習)
    〇楽な姿勢で、
     普通にジッとしてしている状態で、
     全身くまなく、小さな症状も、
     感じ取ってみましょう
     ※見過ごしている症状が、意外にあるるから驚かないでね!

    〇どなたかに動いて戴き、
      動くことによって変化する症状 大~小全てを拾い出し、
      それを「観察記録用紙」に書き出してみます

     ※前後に屈伸して “前後のバランス”を観察
     ※左右に屈伸して “左右のバランス”を観察
     ※左右に捻転して “左右の捻れのバランス”を観察
     ※思っていた所だけではなく、全身に分散している!

    〇参加者全員が、同様の手順で
      各自の全ての症状を拾い出し、
      書き出す事で「症状を見える化」してみましょう


◆後半  (動かしてみた時の
  “からださん”の声に、動きを合わせる練習)
    〇からだを動かして見た時、
     症状に変化を来たしたのは
     【からだを動かした】と言う事と、
     その動かしたのは、他でもない
     【自分自身】であることに気づいて下さい!

    〇今動いてみたら、
      【今動いてみた事による“変化を感じる”】 
      動いてみなかったら、
      【動くことが関与している事に“気づけない”】
     ※からだには“動きを直すと、痛みなどの症状が治る仕組みがある”なんて、
      想いが及ばなかった!


    〇快方に向きたければ、
      【気づいた処から、症状の“減る方向”を動いて探ること】
      【気づいた処から、症状が“減る様”に、
      微妙に動いて探り出す事】
     ※ココが“折り返し点(方向転換)”

◆ディスカッション
    〇疑問、質問、意見、提案等
    〇人のお役に立て、喜ばれたこと
    〇活動・研究・論文・雑誌・記事等の紹介


□研究会  4:00~5:00
    〇操体をして、喜ばれたこと
    〇気づいたこと
    〇分かっていただけないこと
    〇うまく行かなかったこと


■どなたでも歓迎します!
  ※“用事を済ませてからでは、遅刻になるので参加できない”と言うような事情の方
  ※“都合で早退しなくてはならなくなるので、出席できない”と言うような事情の方
  ※長年、肩こりや腰痛などが治りきらず、お困りの方
    遠慮せずに参加なさってください。


■会場  奈良市中部公民館4階 第2講座室
  ※近鉄奈良駅より徒歩5分
  ※JR奈良駅より徒歩15分


■参加費 お一人500円

■お願い : お知り合いの方にも、お知らせを拡散して戴けると嬉しいです。 

                           奈良操体の会代表 北村翰男

操体法 第508回公開講座 『痛み実がぬける ゆるやか操体法』

毎月一回開催して参りました「公開講座」が、
何んと500回を越えました。

こんなに続けて来れたのは、
いろいろな方の、いろいろなお力添えがあったればこそと、
感謝しています。

ありがとうございます!

一昨日は遠路四日市や枚方からも来て下さり、
嬉しいだけではなく、“生きがい”を感じさせていただいています。

毎月毎月どんな事をしているか、少しご紹介します。
■前半■ 今生きているからだは、“場所”に反応し、
 “出会う人や物事”に反応し、“自分の選択”に反応しています。
 その反応には〔症状が現れたり、増えたりする方向〕と、
 〔症状が減ったり、解消したりする方向〕がある事を全員で確認。
 ちなみにわたしは、前者を「壊方」、後者を「快方」と呼んでいます。 

■後半■自分自身がどっちの反応を選ぶかは、
 実際に自分が自分のからだを動かしてみたら分りますが、
 動かしてみなかったら分からないという特徴があります。
 ですから、自分自身が動かそうとしている方向に問題があると気づいたら、
 ソコで感じている「症状が減る方」へ、「減る様」に、
 自分の動く方向を切り替えるということが要点です。

猫や犬や小鳥たちは、目覚めたときなどに、 グ~ッと伸びをしているでしょう!

本当はあんなに簡単なことなのですが、
頭でっかちの人間には難しいようですが、
こうして日々の生活を中に取り入れること大変有効なんですよ



    
見方を変える ➡ 見え方が変わる ➡ 直し方も変わる             
~操体法 第508回公開講座~

#操体法 #動診 #快・不快 #からだの感じ #異常感覚 #原始感覚 #原始信号 #いのち #元気 
#症状 #腰痛 #肩こり #日常点検 #自己管理 #自然治癒力 #回復 #自律的生き方 #直し方 #動き方 #治し方 #東洋医学
#生命現象 #バランス現象 #バランス感覚 #生き方 #治療法 #セルフケア #セルフメディケーション #セルフケア #問題意識 #看病 #介護

■日時 : 令和5年6月18日(日)
□公開講座  1:00~3:30

◆前半  (動かしてみて、“からださん”の声を聴き出す練習)
    〇楽な姿勢で、
     普通にジッとしてしている状態で、
     全身くまなく、小さな症状も、
     感じ取ってみましょう

    〇どなたかに動いて戴き、
      動くことによって感じる大小 全ての症状を拾い出し、
      それを「観察記録用紙」に書き出す

     ※前後に屈伸して “前後のバランス”を観察
     ※左右に屈伸して “左右のバランス”を観察
     ※左右に捻転して “左右の捻れのバランス”を観察

    〇参加者全員が、同様の手順で
      各自の全ての症状を拾い出し、
      書き出す事で「症状を見える化」してみましょう


◆後半  (動かしてみた時の
  “からださん”の声に、動きを合わせる練習)
    〇からだを動かして見た時、
     症状に変化を来たしたのは
     【からだを動かした】と言う事と、
     その動かしたのは、他でもない
     【自分自身】であることに気づいて下さい!

    〇今動いてみたら、
      【今動いてみた事による“変化を感じる”】 
      動いてみなかったら、
      【動くことが関与している事に“気づけない”】

    〇快方に向きたければ、
      【気づいた処から、症状の“減る方向”を動いて探ること】
      【気づいた処から、症状が“減る様”に、
      微妙に動いて探り出す事】

◆ディスカッション
    〇疑問、質問、意見、提案等
    〇人のお役に立てたこと
    〇活動・研究・論文・雑誌・記事等の紹介


□研究会  4:00~5:00
    〇操体をして、喜ばれたこと
    〇気づいたこと
    〇分かっていただけないこと
    〇うまく行かなかったこと

■どなたでも歓迎します!
  ※“用事を済ませてからでは、遅刻になるので参加できない”と言うような事情の方
  ※“都合で早退しなくてはならなくなるので、出席できない”と言うような事情の方
  ※長年、肩こりや腰痛などが治りきらず、お困りの方
    遠慮せずに参加なさってください。


■会場  奈良市中部公民館3階 視聴覚室
  ※近鉄奈良駅より徒歩5分
  ※JR奈良駅より徒歩15分

■参加費 お一人500円

■お願い : お知り合いの方にも、お知らせを拡散して戴けると嬉しいです。 
                           奈良操体の会代表 北村翰男

操体法 第507回公開講座 『痛みがぬける ゆるやか操体法』

 動いてみて、
自分の“からだの不思議”を感じて、
動きを調整


         
見方を変える ➡ 見え方が変わる ➡ 直し方も変わる


              
~操体法 第507回公開講座~


#操体法 #動診 #快・不快 #からだの感じ #異常感覚 #原始感覚 #原始信号 #いのち #元気 
#症状 #腰痛 #肩こり #日常点検 #自己管理 #自然治癒力 #回復 #自律的生き方 #直し方 #動き方 #治し方 #東洋医学
#生命現象 #バランス現象 #バランス感覚 #生き方 #治療法 #セルフケア #セルフメディケーション #セルフケア #問題意識 #看病 #介護

■日時 : 令和5年5月21日(日)

 □公開講座  1:00~3:30

   
◆前半  (動かしてみて、“からださん”の声を聴き出す練習)

    〇楽な姿勢で、
     普通にジッとしてしている状態で、
     全身くまなく、小さな症状も、
     感じ取ってみましょう

    〇どなたかに動いて戴き、
      動くことによって感じる大小 全ての症状を拾い出し、
      それを「観察記録用紙」に書き出す

     ※前後に屈伸して “前後のバランス”を観察
     ※左右に屈伸して “左右のバランス”を観察
     ※左右に捻転して “左右の捻れのバランス”を観察

    〇参加者全員が、同様の手順で
      各自の全ての症状を拾い出し、
      書き出す事で「症状を見える化」してみましょう


   
◆後半  (動かしてみた時の
  “からださん”の声に、動きを合わせる練習)

    〇からだを動かして見た時、
     症状に変化を来たしたのは
     【からだを動かした】
と言う事と、
     その動かしたのは、他でもない
     【自分自身】
であることに気づいて下さい!

    〇今動いてみたら、 
      【今動いてみた事による“変化を感じる”】 
      動いてみなかったら、

      【動くことが関与している事に“気づけない”】
 
  〇快方に向きたければ、 
      【気づいた処から、症状の“減る方向”を動いて探ること】
      【気づいた処から、症状が“減る様”に、
      微妙に動いて探り出す事】


     
◆ディスカッション
  
    〇疑問、質問、意見、提案等
    〇人のお役に立てたこと
    〇活動・研究・論文・雑誌・記事等の紹介


 □研究会  4:00~5:00
    〇操体をして、喜ばれたこと
    〇気づいたこと
    〇分かっていただけないこと
    〇うまく行かなかったこと


■どなたでも歓迎します!
  ※“用事を済ませてからでは、遅刻になるので参加できない”と言うような事情の方
  ※“都合で早退しなくてはならなくなるので、出席できない”と言うような事情の方
  ※長年、肩こりや腰痛などが治りきらず、お困りの方
    遠慮せずに参加なさってください。


■会場  奈良市中部公民館3階 視聴覚室
  ※近鉄奈良駅より徒歩5分
  ※JR奈良駅より徒歩15分

■参加費  お一人500円

■お願い :  お知り合いの方にも、お知らせを拡散して戴けると嬉しいです。 
                           奈良操体の会代表 北村翰男

操体法 第506回公開講座 『痛みがぬける ゆるやか操体法』

 動いてみて、自分の“からだの不思議”を感じて、動きを調整

         見方を変える ➡ 見え方が変わる ➡ 直し方も変わる

              ~操体法 第506回公開講座~

#操体法 #動診 #快・不快 #からだの感じ #異常感覚 #原始感覚 #原始信号 #いのち #元気 
#症状 #腰痛 #肩こり #日常点検 #自己管理 #自然治癒力 #回復 #自律的生き方 #直し方 #動き方 #治し方 #東洋医学
#生命現象 #バランス現象 #バランス感覚 #生き方 #治療法 #セルフケア #セルフメディケーション #セルフケア #問題意識 #看病 #介護

■日時 : 令和5年4月16日(日)

 □公開講座  1:00~3:30

   ◆前半  (動かしてみて、“からださん”の声を聴き出す)
    〇楽な姿勢で、普通にジッとしてしている状態で、
     全身くまなく、小さな症状も、感じ取ってみましょう

    〇どなたかに動いて戴き、動くことによって感じる大小
     全ての症状を拾い出し、それを「観察記録用紙」に書き出す
      ※前後に屈伸して “前後のバランス”を観察
      ※左右に屈伸して “左右のバランス”を観察
      ※左右に捻転して “左右の捻れのバランス”を観察

    〇参加者全員が、同様の手順で各自の全ての症状を拾い出し、
     書き出す事で「症状を見える化」・「自覚」出来る

    〇「見える化」することで、一人一人の症状が
     “いろいろな現れ方”をしている事に気づく
      ※現れる症状の種類 (痛い・だるい・重い・動きづらい・・・・・)はいろいろ
        ➡ 痛みだけが問題なのではない!
        ➡ コリ・動きに伴う抵抗感・からだの部分的存在感等も問題と認識
      ※症状の現れる部位 (頭・首・肩・肘・手首・手ゆび・胸・背中・腰・尻・
        股関節・膝・足首・足ゆび・・・)もいろいろ
        ➡ 痛みの強いところだけでなく、アチコチに分散しているから注意が必要
      ※症状の自覚程度 (耐えられぬ位・苦になる位・気になる位・
        気にならない位・言われないと気づかない位・・・・・)もいろいろ
        ➡ 共通のモノサシと、その使い方を修得

    〇そこで、実際にからだをゆっくりゆっくり、
     ほんの少しづつ、全身を、注意深く動かしてみると
      ※【症状が減ったり、消えたりする方向】と、
      ※【症状が現れたり、増えたりする方向】の二通り在る事に気づく。

    〇一般的には、前者は“良くなる方向(快方)”と言われている事から、
     後者は“良くならない方向(壊方)”と言ってもよいと想います。

   ◆後半  (動かしてみた、“からださん”の声に、動きを合わせる)
    〇いずれの方向にしろ、症状に変化を来たしたのは【からだを動かした】と言う事
     と、その動かしたのは、他でもない【自分自身】であることに気づいて下さい!

    〇今動いてみたら、 【今動いてみた事による“変化を感じる”】
     動いてみなかったら、【動くことが関与している事に“気づけない”】


    〇快方に向きたければ、
       【気づいた処から、症状の“減る方向”を動いて探ること】
       【気づいた処から、症状が“減る様”に、微妙に動いて探り出す事】


     ◆ディスカッション  
    〇疑問、質問、意見、提案等
    〇人のお役に立てたこと
    〇活動・研究・論文・雑誌・記事等の紹介


 □研究会  4:00~5:00
    〇操体をして、喜ばれたこと
    〇気づいたこと
    〇分かっていただけないこと
    〇うまく行かなかったこと


■どなたでも歓迎します!
  ※“用事を済ませてからでは、遅刻になるので参加できない”と言うような事情の方
  ※“都合で早退しなくてはならなくなるので、出席できない”と言うような事情の方
  ※長年、肩こりや腰痛などが治りきらず、お困りの方
    遠慮せずに参加なさってください。


■会場  奈良市中部公民館4階 第二講座室
  ※近鉄奈良駅より徒歩5分
  ※JR奈良駅より徒歩15分

■参加費  お一人500円

■お願い :  お知り合いの方にも、お知らせを拡散して戴けると嬉しいです。 
                           奈良操体の会代表 北村翰男

【操体法】 第505回公開講座 「痛みがぬける ゆるやか操体法」

  動いてみて、自分の“からだの不思議”を感じて、動きを調整

     見方を変える➡見え方が変わる➡直し方も変わる

         ~操体法 第505回公開講座~


#操体法 #動診 #快・不快 #からだの感じ #直し方 #動き方 #治し方 #腰痛 #肩こり 
#生き方 #治療法 #セルフケア #セルフメディケーション #問題意識 #看病 #介護

■日時 : 令和5年3月19日(日)

 □公開講座  1:00~3:30

   ◇前半  (動かしてみて、“からださん”の声を聴き出す)

   ◇後半  (動かしてみた“からださん”の声に、動きを合わせる)

   ◇デイスカッション

  
 □研究会   4:00~5:00 誰でもできる実際の症例検討・研究

   ◆身をもって知って戴きたいこと①
    【今動いてみたら、今動いてみた事による“変化を感じる”。
    動いてみなかったら動くことが関与している事に“気づけない”】


      希望者にモデルになって戴き、
      そのモデルと同様に自分もからだを動かしてみて、
      「症状が現れたり、増えたりする方」と、
      逆に「症状が減ったり、消えたりする方」があること。


   ◆身をもってやって戴きたいこと②
    【直すのは“今、自分の動き”、
    治るのは“自身(からだ)の働き】



      “今”ご自分の快い方へ、 
         ➡ “今”ご自身のからだのうごきを微調整して、
      “今”ご自分が快い様に、 
         ➡ “今”全身の“症状が最も減る処(無)”で
      “今”ご自身が落ち着ける様に 
         ➡ “今”全身の“安定感が最も得られる処”を探り、
      “今”自分自身の身心に気がかりが無く 
         ➡ “今”最も治まりの好い処で脱力して、
      操体をして【自分のからだの調整】をしていただきます。


■参考■ 『生体の歪みを正す 橋本敬三論叢集』創元社、橋本敬三著 
 【生き方の自然法則】P351に、前記「開催主旨」に通じる文章があります。

   ・・・感恩、感謝のない人生ほど索漠たるものはない。
   業欲、貪欲がはびこる地球世界を極楽化するには、
   この悟りが体制化されること以外にはないが、
   この体制化は個人の悟りが基礎になくてはできないし、
   悟った者同志の協力が絶対必要であり、
   同志の増加は宣伝教育による団結以外にはない。
    その結成は有力なる指導者たちの指導をまつほかはない。
   非力なるわれわれは、その救世者出現を祈るばかりである。

      ※この“指導者たち”や“救世者”とは、
        わたし達の事ではないだろうか? 
        遅まきながら、“今、結集の時”!


■どなたでも歓迎します!
  ※“用事を済ませてからでは、遅刻になるので参加できない”と言うような事情の方
  ※“都合で早退しなくてはならなくなるので、出席できない”と言うような事情の方
  ※長年、肩こりや腰痛などが治りきらず、お困りの方
    遠慮せずに参加なさってください。


■会場  奈良市中部公民館4階 第二講座室
  ※近鉄奈良駅より徒歩5分
  ※JR奈良駅より徒歩15分


■参加費  お一人500円

■お願い :  お知り合いの方にも、お知らせを拡散して戴けると嬉しいです。 
                           奈良操体の会代表 北村翰男

操体法 第503回公開講座 『痛みがぬける ゆるやか操体法』

  “からだの不思議”を体験・学習
見方を変える➡見え方が変わる➡直し方も変わる
   ~操体法 第503回公開講座~



■日時 : 令和5年2月19日(日)

 □公開講座  1:00~3:30

   ◇前半  (動かしてみて、“からださん”の声を聴き出す)

   ◇後半  (動かしてみた“からださん”の声に、動きを合わせる)

   ◇デイスカッション

  
 □研究会   4:00~5:00 誰でもできる実際の症例検討・研究

   ◆身をもって知って戴きたいこと①
    【今動いてみたら、今動いてみた事による“変化を感じる”。
    動いてみなかったら動くことが関与している事に“気づけない”】


      希望者にモデルになって戴き、
      そのモデルと同様に自分もからだを動かしてみて、
      「症状が現れたり、増えたりする方」と、
      逆に「症状が減ったり、消えたりする方」があること。


   ◆身をもってやって戴きたいこと②
    【直すのは“今、自分の動き”、
    治るのは“自身(からだ)の働き】



      “今”ご自分の快い方へ、 
         ➡ “今”ご自身のからだのうごきを微調整して、
      “今”ご自分が快い様に、 
         ➡ “今”全身の“症状が最も減る処(無)”で
      “今”ご自身が落ち着ける様に 
         ➡ “今”全身の“安定感が最も得られる処”を探り、
      “今”自分自身の身心に気がかりが無く 
         ➡ “今”最も治まりの好い処で脱力して、
      操体をして【自分のからだの調整】をしていただきます。


■参考■ 『生体の歪みを正す 橋本敬三論叢集』創元社、橋本敬三著 
 【生き方の自然法則】P351に、前記「開催主旨」に通じる文章があります。

   ・・・感恩、感謝のない人生ほど索漠たるものはない。
   業欲、貪欲がはびこる地球世界を極楽化するには、
   この悟りが体制化されること以外にはないが、
   この体制化は個人の悟りが基礎になくてはできないし、
   悟った者同志の協力が絶対必要であり、
   同志の増加は宣伝教育による団結以外にはない。
    その結成は有力なる指導者たちの指導をまつほかはない。
   非力なるわれわれは、その救世者出現を祈るばかりである。

      ※この“指導者たち”や“救世者”とは、
        わたし達の事ではないだろうか? 
        遅まきながら、“今、結集の時”!


■どなたでも歓迎します!
  ※“用事を済ませてからでは、遅刻になるので参加できない”と言うような事情の方
  ※“都合で早退しなくてはならなくなるので、出席できない”と言うような事情の方
  ※長年、肩こりや腰痛などが治りきらず、お困りの方
    遠慮せずに参加なさってください。


■会場  奈良市中部公民館4階 第二講座室
  ※近鉄奈良駅より徒歩5分
  ※JR奈良駅より徒歩15分


■参加費  お一人500円

■お願い :  お知り合いの方にも、お知らせを拡散して戴けると嬉しいです。 
                           奈良操体の会代表 北村翰男

操体法 第502回公開講座 『痛みがぬける ゆるやか操体法』

  “からだの不思議”を体験・学習
見方を変える➡見え方が変わる➡直し方も変わる
   ~操体法 第502回公開講座~



■日時 : 令和4年12月18日(日)

□公開講座  1:00~3:30

 ◇前半  (動かしてみて、“からださん”の声を聴き出す)

 ◇後半  (動かしてみた“からださん”の声に、動きを合わせる)

 ◇デイスカッション

□研究会   4:00~5:00  

◆身をもって知って戴きたいこと①
 【動いてみたら“分かる”、動いてみなかったら“分からない”】

希望者にモデルになって戴き、
ご自分がからだを動かしてみて、
「症状が現れたり、増えたりする方」と、
逆に「症状が減ったり、消えたりする方」があること。

◆身をもってやって戴きたいこと②
 【直すのは“自分の動き”、治るのは“自身(からだ)の働き】

ご自分の快い方へ、 ➡ ご自身のからだのうごきを微調整して、
ご自分が快い様に、 ➡ 全身の“症状が最も減る処(無)”で
ご自身が落ち着ける様に ➡ 全身の“安定感が最も得られる処”を探り、
自分自身の身心に気がかりが無く ➡ 最も治まりの好い処で脱力して、
操体をしていただきましょう

誰でもできる実際の症例検討・研究


■参考■ 『生体の歪みを正す 橋本敬三論叢集』創元社、橋本敬三著 
 「生き方の自然法則」P351に、前記「開催主旨」に通じる文章があります。

   ・・・感恩、感謝のない人生ほど索漠たるものはない。
   業欲、貪欲がはびこる地球世界を極楽化するには、
   この悟りが体制化されること以外にはないが、
   この体制化は個人の悟りが基礎になくてはできないし、
   悟った者同志の協力が絶対必要であり、
   同志の増加は宣伝教育による団結以外にはない。
    その結成は有力なる指導者たちの指導をまつほかはない。
   非力なるわれわれは、その救世者出現を祈るばかりである。
      ※この“指導者たち”や“救世者”とは、わたし達の事ではないだろうか? 
       遅まきながら、“今、結集の時”!

■以下の方も歓迎します
  ※“用事を済ませてからでは、遅刻になるので参加できない”と言うような事情の方
  ※“都合で早退しなくてはならなくなるので、出席できない”と言うような事情の方
  ※長年、肩こりや腰痛などが治りきらず、お困りの方
    遠慮せずに参加なさってください。

■会場  奈良市中部公民館 3階 視聴覚室
  ※近鉄奈良駅より徒歩5分
  ※JR奈良駅より徒歩15分


■参加費  お一人500円

■お願い お知り合いの方にも、お知らせを拡散して戴けると嬉しいです。
 
                           奈良操体の会代表 北村翰男

操体法 第501回公開講座 “見方”を変えると“見え方”が変わる “見え方”が変わると“直し方”も変わる

■提案■ 毎日、ウンコは“体の具合”を教えてくれています。
何を教えてくれているのか、よくよく観察してみませんか?

大きさは? 硬さは? 臭いは? 色艶は? スッキリ感?
跡形もなく流れた? 拭くのに紙を何枚使った? オナラは? ・・・・・

こんなにしたの、ダレ?


           “からだの不思議”を体験・学習
見方を変える➡見え方が変わる➡直し方も変わる




■日時 : 令和4年11月20日(日)

□公開講座  1:00~3:30

 ◇前半  (動かしてみて、“からださん”の声を聴き出す)

 ◇後半  (動かしてみた“からださん”の声に、動きを合わせる)

□研究会   4:00~5:00  
◆身をもって知って戴きたいこと①
 【動いてみたら“分かる”、動いてみなかったら“分からない”】

希望者にモデルになって戴き、
ご自分がからだを動かしてみて、
「症状が現れたり、増えたりする方」と、
逆に「症状が減ったり、消えたりする方」があること。

◆身をもって知って戴きたいこと②
 【直すのは“自分の動き”、治るのは“自身(からだ)の働き】

ご自分の快い方へ、 ➡ ご自身のからだのうごきを微調整して、
ご自分が快い様に、 ➡ 全身の“症状が最も減る処(無)”で
ご自身が落ち着ける様に ➡ 全身の“安定感が最も得られる処”を探り、
自分自身の身心に気がかりが無く ➡ 最も治まりの好い処で脱力して、
操体をしていただきましょう

誰でもできる実際の症例検討・研究


■参考■ 『生体の歪みを正す 橋本敬三論叢集』創元社、橋本敬三著 
 「生き方の自然法則」P351に、前記「開催主旨」に通じる文章があります。

   ・・・感恩、感謝のない人生ほど索漠たるものはない。
   業欲、貪欲がはびこる地球世界を極楽化するには、
   この悟りが体制化されること以外にはないが、
   この体制化は個人の悟りが基礎になくてはできないし、
   悟った者同志の協力が絶対必要であり、
   同志の増加は宣伝教育による団結以外にはない。
    その結成は有力なる指導者たちの指導をまつほかはない。
   非力なるわれわれは、その救世者出現を祈るばかりである。
      ※この“指導者たち”や“救世者”とは、わたし達の事ではないだろうか? 
       遅まきながら、“今、結集の時”!

■以下の方も歓迎します
  ※“用事を済ませてからでは、遅刻になるので参加できない”と言うような事情の方
  ※“都合で早退しなくてはならなくなるので、出席できない”と言うような事情の方
  ※長年、肩こりや腰痛などが治りきらず、お困りの方
    遠慮せずに参加なさってください。

■会場  奈良市中部公民館 3階 視聴覚室
  ※近鉄奈良駅より徒歩5分
  ※JR奈良駅より徒歩15分


■参加費  お一人500円

■お願い  お知り合いの方にも、お知らせを拡散して戴けると嬉しいです。
                           奈良操体の会代表 北村翰男